発表会「盛夏の響き」篠笛教室・ジャンベ教室

f:id:kaikaon:20190811125503j:plain

篠笛教室


f:id:kaikaon:20190811160110j:plain

A-YO


f:id:kaikaon:20190620203146j:plain

チラシ


f:id:kaikaon:20190812211651j:plain

当日配布プログラム2


f:id:kaikaon:20190812211610j:plain

当日配布プログラム1


昨日、佐倉ミレニアムセンターホールにて、篠笛教室と、ジャンベ教室の発表会「盛夏の響き」を開催しました。

毎月コツコツと積み重ねたレッスンの成果を、みなさん出せたことと思いました。

教室の詳細は香音天ユニットのホームページをご覧ください。

http://www2.odn.ne.jp/kai-kaon/

 

 

 

(再投稿)藤野にて福島の子供たちとキャンプファイヤーを楽しんだ

f:id:kaikaon:20190802194758j:plain

毎日新聞 神奈川版2019年8月1日付け

(記事内容) 

東日本大震災(2011年)の東京電力福島第一原発事故の影響で、外遊びが思うように出来ない福島県の子供やその家族らが、神奈川県相模原市緑区沢井の市立ふるさと自然体験教室「ふじの体験の森やませみ」であった保養キャンプに参加した。

子供たちは、アフリカの民族打楽器「ジャンベ」の演奏のリズムに乗ってダンスを楽しむなど、心身をリフレッシュした。

 キャンプを主催したのは、同市内の女性有志ボランティアグループ「母ちゃんず」(竹内亜紀代表)。

原発事故翌年の12年3月から、放射線量の高い地域の親子を無料で招く保養キャンプを続けている。

 19回目となる今回は、7月25日~29日に同県いわき市などから子供26人と保護者12人が参加し、森林浴や川遊びを楽しんだ。

最後の夜となった28日夜のキャンプファイアには、打楽器奏者の甲斐いつろうさん、横笛奏者の甲斐カオンさんの音楽デュオ「香音天ユニット」が音楽仲間とボランティアで演奏した。

 カオンさんの父は同県二本松市出身で原発事故後に「ひとごとではない」とチャリティコンサートを開いて復興を支援してきたという。演奏に合わせて子供たちと一緒に踊り、福島の親子を励ました。

(以上)【高橋和夫

 

今回わたしたち香音天ユニットとジャンベチームA-YOは、陶芸家の勝田友康さんからの紹介を受け、その趣旨に賛同し参加しました。

また私達の友人である打楽器奏者の花岡英一さんと生徒さん達にもご協力いただきました。

主催者の亜紀さんたちはもちろん、福島から参加の親子さん達も全身全霊で音楽を楽しんでくださり、災害を乗り越え生きる人々の素晴らしい力を感じることが出来、とても感慨深いことでした。

原発周辺地域はいまだ復興が遅れております。

大熊町双葉町富岡町浪江町・・・・。そして飯舘村

この地域の復興は日本の明るい将来の為には必須です。

私は「あの日」に心に誓ったこと。

いつか「富岡町で香音天コンサート」をできるくらいの復興実現を祈りながら、この日に演奏させてもらいました。

 

 

f:id:kaikaon:20190728190531j:plain

香音天ユニット 甲斐逸郎(Perc) 甲斐カオン(横笛) 花岡英一(Perc) 仁井元涼真(Gt)

f:id:kaikaon:20190728190907j:plain

キャンプファイヤー点火 子供が松明を持って登場し火の神が舞う

f:id:kaikaon:20190728192237j:plain

ジャンベのリズムでダンス

 

浅草今半別館で出会った左利きの横笛奏者

先週火曜日は、素敵な新郎新婦様へ、結婚披露宴のお祝いの獅子舞をさせて頂きました。

お子様が多く、とてもにぎやかな会でした。

佐倉市お住まいだった新婦様。ご縁です!

この日は一日私達も幸せ気分にさせてもらいました。

控えの間で使わせてもらったお部屋に、左利きの横笛奏者を発見!

私と同じなので親近感がわきました。

f:id:kaikaon:20190723142449j:plain

これは彫刻というよりも鏝絵(こてえ)

f:id:kaikaon:20190723140657j:plain

 

今宵、月下美人の花が咲いた。7輪も!

f:id:kaikaon:20190711202737j:plain

部屋中に花の香りが充満してます!

f:id:kaikaon:20190711175157j:plain

今日の夕方6時頃の月下美人は、まだ蕾の状態です。

f:id:kaikaon:20190711202119j:plain

月下美人はその名のごとく夜咲きます。8時pm頃には満開になりました。

 

映画「新聞記者」を観た

ものすごく話題の映画!

ようやく今日、観ることができました。

都内映画館は満席だそうですが、千葉のイオンシネマはガラガラでした。

内容を少し書くと・・・・。

加計学園や詩織さんの事件がテーマになったことは、もうはっきりとわかります。

登場人物も、あ~あの人だと、わかる。

新聞記者役の女優さんは韓国人で大変な演技派の方でした。

映画自体が政権批判の内容なので、多分、日本人女優では営業的に難しかったのでしょう。

今、日本はおかしな方向へ向かっていると、私達に警鐘を鳴らしてくれてます。

ネトウヨと呼ばれる現政権応援団が、実は「内閣府」の職員やアルバイト?だったというシーンは大変にリアル。

ツイッターなどに、彼らが、数十台のパソコンから、毎日仕事としてコメントを書き込んでいる。

多様な意見を抹殺するために。

大変に恐ろしいシーンでした。

さらに善意ある官僚たちが、悪政権力に屈せず内部告発し、その為に心が折れてゆく様など、大変見ごたえのある迫力のある映画でした。

またカメラワークの工夫が随所にみられました。

例えばわざと小刻みな揺れを加え臨場感を出したり・・・・。おもしろいです。

是非、皆さんお近くの映画館でご覧くださいませ。

 

今、丁度、参議院選挙期間中です!

投票日は、7月21日(日)。

良き代表を選ぶため、例えば、YouTubeにあがっている各候補の選挙演説を聴くなどして、自分のハートで選んで投票しましょう!

政治はまつりごと。

お祭りには参加しなくちゃね。

 

 

広島原爆のお話「おこりじぞう」と千葉という名の由来「羽衣伝説」

昨日7日は、潮見佳代乃さんの歌物語に演奏参加しました。

7月7日は、丁度、千葉空襲のあった日でもあります。

終演後の打ち上げでは、その空襲で生き残った方から貴重な話を伺うことが出来ました。

戦争は二度と起こしてはならないこと、平和であることの尊さを、この原爆をテーマにした歌物語であらためて感じました。

戦争や自然災害で亡くなられた方々、多くの尊い命は全て「身代わりになって下さった姿」と感じてます。

「平和」「愛」「優しさ」の尊さを伝える為に。

人間はもちろん、植物、動物、鳥、昆虫たちもね・・・・。

 

f:id:kaikaon:20190707171237j:plain

出演者(潮見佳代乃、紺谷英和、甲斐逸郎、甲斐カオン)、本円寺ご住職、お檀家さん、応援の皆様